なぜ皆ヴァルートを使わないのか?不思議なくらいです

nakanojo 2人

中之条浄化センター様

中之条町役場 上下水道課 下水道チーム補佐 吉田 茂喜 さま
株式会社吾妻水質管理センター 常務取締役 林 眞人 さま

沢づたいに位置する、群馬県の中之条町には、計七つの水質浄化センターがあります。ここ中之条浄化センターは、その中でも最も大きな人口5000人規模の公共下水処理施設です。
中之条町は、もともと工場などで使われていたという「ヴァルート」が、公共下水道の世界に広がったきっかけの地。十数年前、展示会にヴァルートが一般工業用脱水機として出展されていたことが始まりでした。その際に下水処理への転用提案があり、ヴァルートを四万の下水処理施設で実証実験したところ、大変良い性能が出ることがわかったんです。その後、日本下水道事業団から正式な認可を受け、中之条浄化センターに導入されることになりました。

ヴァルートを導入して正解でした。第一に、コスト削減という利点が挙げられます。下水処理工程から発生する汚泥の処理には濃縮施設の利用が一般的ですが、ヴァルート脱水機の場合、「OD反応タンク内汚泥の直接脱水法」によって処理が行えるので、汚泥を濃縮する施設が不要です。そのため、その分のコストが浮くというわけです。また以前は、脱水機が稼働している間、人が常時付いていなければなりませんでした。ヴァルートは全自動運転により、その必要がないので人件費を削減できます。脱水機の消費電力量も、他社の製品と比べて少ないですね。

機械の操作がしやすく、立ち上がりの早いところや、コンパクトな設計もいい。そして何より、アムコンはサポート体制が万全です。修繕が必要な際、機械本体を送る必要がなく、部品を現場に持ってきてもらえるため、ほとんど機械を止めずに済んでいます。しかも対応が早い。困ったことがあったとき、通常だと対応に一週間くらいは時間がかかるものですが、アムコンの場合、電話すると営業マンがすぐに駆けつけて修理やアドバイスを行ってくれます。機械を維持・管理しやすいのは、現場でとても助かるんです。

モノもサービスもいいので、なぜほかではアムコンの製品を取り入れないのか、不思議なくらい。アムコンには、自社開発した製品を永く販売してもらいたいです。

contents2

一覧に戻る

日本全国・海外も対応いたします!汚泥処理、排水処理に
関することなら何でもお気軽にご相談・お問い合わせください。

機械製品
に関するお問い合わせ

  • 汚泥脱水機/濃縮機
  • 汚泥乾燥機/汚泥脱水発酵システム
  • 水処理薬品
  • その他の製品

機械製品の操作・修理・故障
に関するお問い合わせ

  • 汚泥脱水機/濃縮機
  • 汚泥乾燥機/汚泥脱水発酵システム
  • 水処理薬品
  • その他の製品

お電話でのお問い合わせ

045-540-8581

[受付時間]平日9:00~17:00

お電話でのお問い合わせ

045-540-8582

[受付時間]平日9:00~17:00

上へ